kingpistachio

編集者佐藤健太のポートフォリオとブログ

blogs

上京して3日目に同級生の美人局にあった話

投稿日:

年齢のせいか、最近どんどん物忘れが進行しているので、僕の人生でこれまであったことを忘れないように書き留めておく。

新宿東口のヨドバシカメラの前を歩いているとき、僕の携帯が震えた。ディスプレイに表示されているのは、小学校から高校まで同じだった同級生の女の子の名前。

その日の僕は浮かれていた。「新宿」という聞きなれた(でも来たことなかった)その土地が僕を浮かれさせていた。

いや、正確には心の底には不安もあったのかもしれない。まるでドライアイスの煙のように、僕の心の底にぼんやりと沈殿していた。きっと携帯の画面が示したその懐かしい名前は、僕の心のもやを吹き飛ばす扇風機だったんだ。

揚々と電話に出ると、おそらく同級生の誰かから聞いたのだろう、彼女は僕が上京してきたことを知っていた。

「今度飲もうよ」彼女は言った。

一週間後、待ち合わせは仕事が終わった19時。新宿の海鮮居酒屋だ。

こういう時、男は必ず「何か」に期待する。
普段つけない香水の瓶をカバンに忍ばせ、駅のトイレの個室で吹きかけたりするものだ。その日の新宿駅トイレの個室の床には、どういう経緯でばらまかれたのかは分からないが破かれたエロ本が散乱していた。これは今日起きる「何か」を示唆しているのかもしれない――。24歳の僕の心は中学生のように踊った。

7年ぶりに会う彼女は大人になっていた。自分が「新潟の女子高生」であることを忘れ、すっかり「東京のOL」として生きているようだった。

同郷の人間で飲むと大体話の流れは決まっている。お互いの近況から始まり、東京に出てきている友人の話、田舎に残っている友人の話、「あの店がなくなった」とか「あの空き地に何が建った」とか、前回帰省した時に気付いた街の変化の話と続く。

その日いつものフォーマットと違ったのは、彼女が彼氏と別れた話を始めたことだ。そして、「やっぱりお互いを長く知っている人と付き合ったほうがいいよね」とも。

「飲みなおそうか、うち近いし」彼女は言った。

――きた

僕は確信した。待ちに待ち焦がれた「何か」がきたんだと。

断る理由なんて何もない。会社を出るときに歯も磨いてきたし、トイレの個室で香水まで振っている。僕は「いいね」と極力下心を押し殺して冷静に賛同した。

中央線って遅いな、と僕は思った。新宿と中野は近い。でも不思議とその日だけは妙に長く感じたんだ。

駅から歩いて10分くらいだろうか。途中コンビニに寄り、飲み物とエチケット的なものを買った後、彼女が「ここだよ」と言ったのは、白壁の綺麗なマンションの前だった。

オートロックのカギを開ける彼女。上京3日目の僕からしたら、すごくお姉さんっぽく見えた。

部屋について缶ビールを1本も空けないうちに「何か」は始まった。柔らかい。久しぶりの女性の柔らかさに僕は酔いしれていた。

ドンドンドンドンドン!

けたたましいノックの音が僕の意識を一気に引き戻す。

「―――――――!」

何を言っているかは分からない。でも怒っている様子なのは分かる。

「彼氏が来たみたい」

あれ?別れたんじゃなかったっけ?ってか、オートロックどうやって突破してきたの?

あ、そういうことか。はめられたんだ、僕は。
最初からそのつもりだったのか。

脳をフル回転させとりあえず散らばった服を着る。

なぜか彼女は玄関でチェーンを外そうとしている。なんでだよ。

ドアの向こうで叫んでいた男はB系の服を着ていた。僕に向かって何か叫びながら早足で迫ってくる。

僕の覚悟は決まっていた。狙うは膝だ。膝さえ壊せばすぐに追いつかれることはないだろう。僕、足速いし。

僕は魚雷になった。陸上で鍛えた脚力をフルに生かし、男の膝めがけてまっすぐ肩から突き刺さった。

膝を抱え、転がる男。僕は靴を拾って全力でエレベーターに向かう。幸いまだ男は追ってこない。逃げ切れた。

僕はつらかった。信じていた人に裏切られたこともあるが、それよりも「東京で人に騙された」ことが怖かった。僕はこの日から数年間、東京の人を信じなくなる。

広告Googleアドセンス用336pxレクタングル(大)

広告Googleアドセンス用336pxレクタングル(大)

-blogs
-,

執筆者:

関連記事

道路をサワガニが歩く街、柏崎

地元柏崎に療養しに来ているんだけど、散歩をしていたらいましたよ。道路にカニが。 サワガニかな?川からも全然離れているまあまあの市街地だったけど、いるんだね。 見つけたとき、僕は驚いてカニさんを覗き込ん …

チャンジャとは?作り方・レシピは?寄生虫やカロリーは?

「チャンジャ」、それは至高のおつまみ。日本酒はもちろんのこと、ビール、焼酎など、どんなお酒でも合うオールラウンダー。最近、めっきりコンビニで見かけなくなったチャンジャ、家で作れたりしないもんでしょうか …

子ども産まれたら絵がうまくなった

僕は昔から絵を描くのがすごく苦手で、美術も5段階で2以下しかとったことない。 だけど、子どもが産まれてから自然と絵を描く機会が自然と増えたこともあり、徐々に上手くなってきた気がする。 とはいえ、まだ下 …

ひめキュンフルーツ缶、現メンバー全員卒業ってマジかよ

愛媛のご当地アイドル、ひめキュンフルーツ缶の現メンバーが2017年10月末で全員卒業するらしい。 ひめキュンフルーツ缶、全メンバー卒業を発表 https://t.co/lC7KQTHU64 &mdas …

4/9の体重:69.9kg【糖質制限ダイエット途中経過】

チャンジャとは?作り方・レシピは?寄生虫やカロリーは?

チャンジャとは?作り方・レシピは?寄生虫やカロリーは?...

「チャンジャ」、それは至高のおつまみ。日本酒はもちろんのこと、ビール、焼酎など、どんなお酒でも合うオールラウン...

綱島駅前にfreeWi-Fi/電源完備でノマドにぴったりのカフェを見つけた:PIER'S CAFE(ピアーズカフェ)

綱島駅前にfreeWi-Fi/電源完備でノマドにぴったりのカフェを見つけた:PIER’S...

最近、綱島の病院に通院することになったため、その前後で部下の記事の確認の必要に迫られることも自然と多くなった。...

長岡駅の喫煙所はホームにある。しかもむき出し。

長岡駅の喫煙所はホームにある。しかもむき出し。...

地元に帰るとき、多くの場合に長岡駅を経由するんだけど今日新しい発見が。 それは、 ホーム上に喫...

ドワンゴ川上会長、コルク佐渡島さんのインタビューなどを担当しました