kingpistachio

編集者佐藤健太のポートフォリオとブログ

blogs

20年ぶりに柏崎市立博物館に行ったら少しだけ不気味じゃなくなってた:無料で入れる博物館巡り

投稿日:2017年7月1日 更新日:

病気療養のために地元柏崎に帰省している。

とはいえ、日中はすることがなくて暇なので、僕が柏崎を離れてからリニューアルしたという柏崎市立博物館に足を運んでみた。

家から自転車で5分の距離。近いね!

外観は昔のまんま。

市民から愛されているプラネタリウムは当時から変わらず大人200円/子ども100円の超絶お得価格。入館料はやっぱり無料。


入ってすぐに出迎えてくれたのは、柏崎に生息するカモシカやイノシシ、クマなどのはく製。つぶらな瞳!

プラネタリウム待ちの人たちが座るであろう、大きなソファスペースも昔のまま。ここで靴脱いで妹と追いかけっこしてたなぁ。

リニューアルしたところ

「あれ?まったくリニューアルしてなくね?」と思ったけど、リニューアルしてたのは常設展示コーナー(撮影不可エリア)でした。

僕が足繫く通っていた小中学生のころは常設展示コーナーは全体的に薄暗く、なぜか暴風雨の音が響いていて、不気味な印象でした。

この博物館の目玉であるナウマンゾウの全身化石や、ぼろぼろのはく製、コウモリの洞窟コーナーは依然としてあるものの、暴風雨BGMや、マネキン人形は撤去されていて少し怖さが薄らいだ印象でした。

とはいえ、たぶん子ども連れて行ったら、怖がると思う。

入館者に恐怖を与える民謡や暗い環境音じゃなくて、例えば波の音とカモメの声みたく、明るい環境音楽とか流せないもんなんですかね。

あと、まったく何を見ればいいのか分からない望遠鏡2基の近くには、周辺地図なり、鳥の情報なりを置いた方がいいんじゃなかろうか。

柏崎市役所の偉い人、ご検討よろしくおねがいします。

【柏崎市立博物館へのアクセス方法】

住所:新潟県柏崎市緑町8−35
アクセス:越後交通バス、柏崎駅南口乗り場から乗車し、「赤坂山公園」で下車。徒歩約2分。詳細なアクセスマップ
開館時間:毎週火曜日~日曜日の9:00~17:00
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)

広告Googleアドセンス用336pxレクタングル(大)

広告Googleアドセンス用336pxレクタングル(大)

-blogs
-,

執筆者:

関連記事

ケガと病気と転職と。佐藤健太の2017年を振り返る

もう年の瀬なんで、今年を年始から振り返っておこうと思う。 1月: ・『営業type』編集長の継続と、前任者から引き継ぎ、新たに『エンジニアtype』編集長を兼任することに ・4人チームのマネジャーに …

『さぼうる』にいってきた。

先日(といってもかなり前だけど)、仕事で九段下に行く機会があったので、少し足を伸ばしてかの有名な喫茶店『さぼうる』にランチを食べる目的で行ってきた。 僕が『さぼうる』を知ったのは『内村さまぁ〜ず』の都 …

ひめキュンフルーツ缶、現メンバー全員卒業ってマジかよ

愛媛のご当地アイドル、ひめキュンフルーツ缶の現メンバーが2017年10月末で全員卒業するらしい。 ひめキュンフルーツ缶、全メンバー卒業を発表 https://t.co/lC7KQTHU64 &mdas …

三島神社の福引でもらったミニ米俵を開封してみた

僕の地元の三島神社では元日に初詣に行くとタダでくじ?福引?が引けるシステムがある。 商品にはカップラーメンや箱ティッシュなどがあるんだけど、運がいいとミニ米俵がもらえる。 僕は去年の元日にこの米俵を当 …

生まれて初めてメルカリ使って買い物してみた

僕は普段ほとんど服を買わない。 そのため、今着ているものの中には大学時代に買ったものがざらにある。いわゆる10年物。お酒だったらVSOPですね。 10年も着ているとさすがに洗濯しまくりで、色あせている …

チャンジャとは?作り方・レシピは?寄生虫やカロリーは?

チャンジャとは?作り方・レシピは?寄生虫やカロリーは?...

「チャンジャ」、それは至高のおつまみ。日本酒はもちろんのこと、ビール、焼酎など、どんなお酒でも合うオールラウン...

長岡駅の喫煙所はホームにある。しかもむき出し。

長岡駅の喫煙所はホームにある。しかもむき出し。...

地元に帰るとき、多くの場合に長岡駅を経由するんだけど今日新しい発見が。 それは、 ホーム上に喫...

綱島駅前にfreeWi-Fi/電源完備でノマドにぴったりのカフェを見つけた:PIER'S CAFE(ピアーズカフェ)

綱島駅前にfreeWi-Fi/電源完備でノマドにぴったりのカフェを見つけた:PIER’S...

最近、綱島の病院に通院することになったため、その前後で部下の記事の確認の必要に迫られることも自然と多くなった。...

ドワンゴ川上会長、コルク佐渡島さんのインタビューなどを担当しました